ハグルンド病治療法

一度なってしまうと絶望感に襲われる

スポーツが趣味で、ランニングをやっています。何かこれ関係で読者の役に立つネタはないかな…と記憶を辿っていた所、うってつけのを思い出しました。
ランニングフォームか、シューズとの靴擦れか、またはそれらと他要因の複合か…。そういう無理が重なって起きる、ハグルンド病というカカト部分の変形です。アキレス腱滑液包炎とも呼ばれています。

踵と靴との相性、圧迫、ストレスの蓄積によって引き起こされます

治す方法は、患部を徹底的にフリーにすること

筆者の場合はランニング関係が原因であることはわかっていました。発症した時はシューズを履いて少しでも走ると、踵に激痛が走り、運動どころではありませんでした。
治すにあたって、ネットや整形外科、靴屋さんに徹底的に当たってみるものの、これといった解決法はなし。整形外科で言われましたが、手術とかしたくないですよね。治る保証もない、回復に時間がかかりますし…。

で、ある時気付きました。いっそ放置してみたらどうだろうと。
ハグルンド病は踵の変形ですから、その部分に極力テンションを加えなければいいかなと思い、ローカットの靴を履き続けました。とにかく変形部分をフリーにすることが重要です。シューズの他、クロックスのようなスリッパも良いですね。

靴の踵部分がとにかく患部に触れなければOK

そして結果は…

一ヶ月くらい経った頃…。治りました。マジで。腫れは嘘のように消え失せていました。
この時は内心ガッツポーズをしたものです。手術も専用シューズも何もいらなかったわけです。知識より知恵が勝りました。

悩まれている読者の方、ぜひ実践してみてください。治る保証は出来かねますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です