山崎豊子の小説は全部読むべき

山崎豊子『不毛地帯』

社会派小説家の大御所、山崎豊子さん。濃密な取材の上で描かれる、とても重厚な筆致。
筆者は『二つの祖国』以外は読了しました。同書を挫折した原因は最終巻の東京裁判の描写があまりに細かすぎ、耐えられなかった為。

それはさておき…。日本人なら山崎氏の小説は読まないと損でしょう。それほどまでに面白い、人生の一コマを捧げても良い程のモノなのです。
読みやすい作品として、まずは『不毛地帯』をお薦めします。唐沢寿明主演のドラマを観てから読み始めてもOKです。
読み終えたら、すっかり山崎氏のファンになっているはず…。

読書家とまでは言いませんが、結構な量の本を読んでいます。
読書を始めてみようかな? と思われたらコンタクトフォームやコメント欄から質問してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です