2018年11月8日 つみたてNISAと投資信託状況

世界同時株安の影響、いまだ続く

筆者は楽天証券でつみたてNISA、ウェルスナビのロボアドバイザーによる投信を契約しています。月々10,000円の積立設定。
楽天つみたてNISAでの銘柄は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」で、米国株投資です。
人気のS&P500でなく、CRSP指数に連動するファンド…。CRSPとは、

CRSP US トータル・マーケット・インデックス」は、米国株式市場の大型株から小型株までを網羅
し、投資可能銘柄のほぼ10%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です(2018年6月末現在)。
なお、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)」は、委託会社が「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に日々の為替レートを乗じて算出したものです。

運営会社はバンガード。世界最大の運用会社。投資の素人なのでにわか知識で決めました(笑)。
現在は含み損が出ていますが…。

2018年11月8日の積立状況

ウェルスナビも米国株中心なので同様に含み損が出ています。

ウェルスナビ2018年11月8日の積立状況

じっくり見てますが、早く持ち直して欲しいものです。