ダイエットに役立つマインドセット 10箇条

半年で7kg減量成功。そのやり方とは…

見出しの通り、筆者がダイエットの成功の秘訣を伝授します。
2017年末から8ヶ月間程、コンビニで夜勤のアルバイトをしていました。手っ取り早く副業やるならこれかなと。片田舎住まいなので時給は低かったですが、それでもそこそこの稼ぎになりました。
が…。体重アップが半端なく、見た目にもはっきりとわかるほど肥えました。180cm/69kg。標準体重の範囲内ですが、それでも顔はふっくら、お腹はぼっこり…。いわゆる小太りというやつ。

太った原因は、コンビニの夜勤でのスイーツ!

原因は明らかで、廃棄商品の食べ過ぎ。休憩時間、仕事終わりに食べるスイーツがおいしくて(笑)。あれよあれよという間に肥えていきましたね~。冬場だったので中華まんもかなり…。お弁当類には手を出しませんでした。よく考えたら、コンビニの作業強度であれは明らかにカロリーオーバーでした。それに気付いてからは補給はノーカロリー飲料か炭酸水のみ。たまに珈琲。

本業との兼ね合いで50時間近く不眠不休で働く事態がままあり、健康面の事を考えて退職しました。

休憩時間に食べるスイーツは格別でした…

そして減量開始。徹底した食事管理、毎日の運動が成功への鍵

コンビニ夜勤をしている時でも、運動は継続していましたが、ダイエットの基本、消費カロリー>摂取カロリーが出来ていませんでした。
例えば300kcalの菓子パンがあったとして、500kcalの運動をしたからチャラになる、ってのは誤りなんですよ。チャラにするなら1,000kcal以上は消費すべきです。これは身をもって体感しました。
そして、いくら体に良い脂質だとしても脂肪は脂肪。摂らないに越したことはありません。オリーブオイルもごま油も要りません。アボカドなんてたま~にで良いのです。油を摂るなら最低限で!
糖質は生活や仕事の強度をよく見て、これだけの量があれば動けるなという閾値を把握。その範囲内で収まるよう調整。
蛋白質は摂りすぎかなと思うくらいで丁度良い。蛋白質は意識しないと摂るのが難しいですからね。

そうして、食事メニューを組み立てます。当然自炊。外食も中食も駄目。自分で栄養を一番コントロール出来る自炊がベストです。
満腹感を得るのには、葉物が良いです。葉物にもやし、きのこ類。茹でて脂を抜いた鶏肉(皮は全部剥がす)。これをメイン具材にした鍋が痩せるレシピ。
それをずっと繰り返して、気が付いたら7kg落ちていました。現在は(2018/11/10)、180cm/62kgという状態です。

2018/11/10現在の体組成。ヘルスプラネットから

金科玉条のマインドセット

さて、本投稿の肝心の部分であるマインドセット。筆者の金科玉条で、変わったものもあると思いますが、間違いではないはず…。
参考程度に。

  • 常に消費カロリー>摂取カロリーを意識。オーバーしたら運動して少しでも取り返すべし
  • 外食、中食はお金、時間、ダイエットに費やした努力の無駄。そのお金と時間で投資と運動した方がよっぽどマシ
  • これを食べなくても死なないという考え方。生活強度における摂取カロリーの閾値を把握すべし
  • 蛋白質は意識して摂取すべし。現代人は蛋白質が足らない
  • お腹がすいたらデカビタCの0キロカロリー版を飲む(太らない、便通に良い、栄養がある)。毎日飲んでる筆者が実証済み。もしくは日本茶。ひたすら我慢
  • 脂摂取は大豆由来のもの(豆腐、大豆、豆乳)を必要最低限。理由は蛋白質を多く含み、糖質脂質少なめだから
  • 自炊に使う調味料は塩胡椒等の粉末香辛料、醤油(少量)。食用油、ソースは厳禁。調理はフッ素加工鍋でやれば全てがクリアー。味付けは素材の元々を活かすべし
  • 出来る限り、毎日運動。強度は落としても良いから休まない。継続することが最も大事。空腹時に行うと脂肪燃焼効果アップ
  • ダイエットとは体重の多寡でなく、体脂肪率の増減で見る。皮下脂肪、内臓脂肪量の把握はメタボ外来でのCTスキャンでわかる
  • 強靭な意志をもって望むべし。続けていれば良い結果が必ず生まれる

この記事は適宜リライトしていこうかな。読者の皆さんの参考になれば幸いです。