ダイエットを成功させるマインド

難しく考えず、シンプルにいこう

週刊誌の誌面を埋め尽くす、ダイエット関係の見出しや写真、文章。
よくまあ何回も同じような特集記事を作るもんだな…と思います。それだけ人気企画ということなのでしょうか。
筆者はあの手の企画の殆どは意味がないと思っています。大体が生活習慣の改善で、中身は食生活云々、運動を始めなさい等…。そんなのはわかっているのです。

そもそも、雑誌に載っていることを誰しもが実行出来るわけがありません。例えば食生活をダイエット志向のメニューにしましょうと。材料集めがめんどくさすぎて、続くのはせいぜい数日間でしょう。
雑誌の特集は参考程度にして、自分の続けやすい環境を構築することが大事です。
結局の所、消費カロリー>摂取カロリーにすれば良いだけの話です。

大切なのは続ける事

自分が続けられるダイエットメニューを組み立てたら、あとはそれを毎日実行し続けるだけ。無理なら適宜変えていけば良いのです。大切なのは続けることです。やらないよりやったほうがマシの精神。

大切なのは継続・改善の繰り返し

食事量の目安は、有酸素運動で見付けましょう。例えば、出勤前の早朝ランニングで、その後の朝食を、昼食まではこれで保つだろうという量にしてみる。
お腹がグーグー鳴っても、仕事に差し支えなく昼食にありつければその量が適正なのです。慣れるとその空腹感が快感になってきますよ。

ダイエットは長期スパンで考えましょう

暴飲暴食で体重が増えたとかよく耳にしますよね。昨日今日で派手に飲み食いしたからといって、太ったりはしません。体内の水分や胃の中の残留物が増えただけの話です。
太るというのは、体内の内臓脂肪と皮下脂肪が増えた時。いわゆる体脂肪率の増減で判断します。
ダイエットは短期で考えず、時間をかけてゆっくりやるのが成功のコツです。

筆者はこの記事のマインドを持って実行し続けて、10ヶ月でマイナス7kgを実現出来ました。筋肉量が少し減ってしまったのでその点は失敗ですが、自分に取って無理のないダイエット環境と精神が作れたと思っています。

これを読んでいる貴方も、無理なく少しずつを念頭に置いて、継続していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です