食べて太る食べ物などありません

ダイエット情報サイトやポータルサイトのコラム等で「~を食べると太る」という記事をよく見かけます。
これは誤りです。食べた分以上消費すれば体重(脂肪)は増えません。

どか食いした翌日に体重が増えているのは、糖質が水分と結び付いた分が増えているのであって、脂肪はそんなに早く付きません。
体重の増減は数日でなく、長期的なスパンで見るべきです。
大事なのは体重でなく、体脂肪量。これの多寡で痩せと肥満は区別出来ます。

体脂肪量は体重計や体組成計でなく、CTスキャンで測るのが最も正確です。
筆者が定期的に受けている病院では、CTスキャンで体脂肪をグラフィカルに測ってもらえます。
測定結果はこんな感じでもらえます。

体脂肪量が一目瞭然

ごまかしがない、しっかりとした自分の体脂肪を見るのは覚悟がいります。
が、そこからがスタート。だましだましやっていてはダイエットは成功しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です