コンビニでバナナを買うならセブンイレブン一択

バナナ

栄養を多く含み、単糖類で消化吸収が早く、さらに腹持ちも良し。
朝食、エネルギー補給にうってつけのバナナ。

購入先はコンビニ、果物店、またはスーパーマーケット等が多いと思います。
それぞれメリットデメリットがありますが、今回はコンビニで売られているバナナについて。

今回挙げるコンビニは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの3社。
品種等のことは割愛、味だけで批評すると…。
セブンイレブンの圧勝だと思います。
ネット文章(?)っぽく書くとセブンイレブン>ローソン>(越えられない壁)ファミリーマート
セブンイレブンとローソンの差も大きいです。

セブンイレブンのバナナはシュガースポットが程良く出ている、いわば一番良い成熟度合い。
甘く、大きく、風味も完璧。
バナナの甘みが増す条件として、栽培地の標高が高度であればあるほど良いです。
おそらくその辺で栽培されているのでは…と思います。

バナナ雑学はまた追々書き加えていきますが、コンビニでバナナを買うならセブンイレブン。
これを覚えておいて下さい。
そして、なるべく茶色の斑点(シュガースポット)が多く、持った時の厚みが太いものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です